文字サイズの変更
標準
閉じる

学位授与方針(ディプロマポリシー)

 九州工業大学はこれまで、「技術に堪能なる士君子の育成」すなわち、わが国の産業発展のため、品格と創造性を有する人材の育成を教育の基本理念とし、これを実践し、多くの高度な専門職業人を社会に輩出して参りました。

 今後も、この理念を継続して実践するために、本学の卒業・修了生が備えるべき、知識、汎用的技能および態度・志向性を示した学位授与の方針(ディプロマポリシー)を以下のように定めます。これらは技術者固有の事項のみならず、社会人として備えておくべき事柄や、複雑化する課題に取り組むためのコミュニケーション力、チームワーク力ならびに自律性にも及ぶもので、本学の理念を実践するための道標です。

学士課程

1. 知識・理解 【専門基礎知識・理解】

・技術者に必要な基礎学力と工学専門分野の知識を修得している。
・自然現象を科学的に理解できる。

【多様性ある文化等の知識・理解】

人、社会及び文化に関して理解できる。

【工学・技術と社会関連知識・理解】

工学・技術が社会で果たす役割を理解できる。

2. 汎用的技能(スキル) 【基礎的な問題解決スキル】

問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している。

【コミュニケーションスキル】

・背景や文脈を理解して適切に説明できる日本語能力を修得している。
・外国語によるコミュニケーションのための基本的能力を修得している。

3. 態度・志向性 【技術者の基本的態度・志向】

技術者としての倫理観と責任感を備え、社会に貢献する志を有する。

【自律性】

自己を律する自己管理ができ、自発的な活動ができる。

【チームワーク志向】

人々と協調でき、個人の能力も発揮できる。

博士前期課程

1. 知識・理解 【高度な専門知識・理解】

技術者としての独創的思考および研究開発活動を行うための工学専門分野における高度な知識を修得している。

【工学・技術と社会関連知識・理解】

各専門分野が社会で果たす役割を理解できる。

2. 汎用的技能(スキル) 【高度な実践的問題解決スキル】

研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得している。

【高度なプレゼンテーション力】

新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得している。

【コミュニケーション力】

外国語によるコミュニケーション能力を身に付けている。

3. 態度・志向性 【技術者の態度・志向】

自己の役割の認識を深める態度を有している。

【自律性】

未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理ができる。

【チームワーク力】

チームの一員としてチーム活動の改善を提案することができる。

博士後期課程

1. 知識・理解 【最先端の専門知識・理解】

専門分野における最先端の知識および他分野と接する境界領域の知識を修得している。

【工学・技術と社会関連知識・理解】

研究開発の社会的波及効果を理解できる。

2. 汎用的技能(スキル) 【最先端の実践的問題解決スキル】

最先端の研究開発を遂行するための専門的な技能を修得している。

【コミュニケーション力】

研究開発に関する国際的なプレゼンテーション・コミュニケーション能力を修得している。

3. 態度・志向性 【技術者の態度・志向】

最先端の研究開発を担う者として、研究分野の動向を常に注視し、革新的成果の実現を図ろうとする態度を修得している。


教育の取り組み

各種情報

このページのトップへ