文字サイズの変更
標準
閉じる

学長室より

昨今、科学技術は加速度的に進歩し、生活のありとあらゆる場所に浸透しています。一方、社会情勢は多様化・複雑化し、急速に変化し続けています。このような現代社会の中で、大学に求められるものも刻々と変化しています。この変化・流れを的確に理解し、組織的に、スピード感、緊張感をもって、大学の使命を果たしていきます。

そのために、これまでにも増して、大学改革事業「社会と協働する教育研究のインタラクティブ化加速パッケージ」を継続・推進していきます。ここでいう「インタラクティブ化」とは、より多くの、かつ多様な”対話”、”交わり”、”相互作用”を生じさせる方法です。

九州工業大学は、この「インタラクティブ化」を通して、教育研究を充実させることを目指し、更には、産官学の学外、国外の多くの組織との多様な交わりを大事にし、多くの学外の方々に訪れて頂ける、訪れたくなる大学にしていきます。


国立大学法人九州工業大学 学長





教育の取り組み

各種情報

このページのトップへ