文字サイズの変更
標準
閉じる

ノートパソコンの必携化のおしらせ ~Kyutech BYOD (Bring Your Own Device)~

九州工業大学では、学部・学科に関わらず非常に多くの授業でパソコンを用いた演習が行われており、演習以外でも電子データでの教材配布やレポート提出などパソコンの利用が必須となってきています。また、履修登録や成績の確認、学修自己評価などの教務手続もパソコンを利用したオンラインシステムとなっています。

大学でもパソコン端末室など環境を整えてはおりますが、台数や時間的制約もあり学生のみなさんにとって十分な学習環境とは言えないのが現状です。

そこで、2019年度(平成31年度)入学生からノートパソコンの必携化を実施し、各個人所有のノートパソコンを大学や自宅での学習に利用することで、効率的で効果的な学習環境の実現や、教材やレポートなどのペーパーレス化など図るとともに、大学としても必要な環境整備や支援を実施していきます。

メリット

◇場所や時間に捉われずにパソコンを用いた活動を行うことができ、効率的な学習が可能となります。

◇教材などを電子的に所持することができ、持ち運びの負担が軽減されます。

◇在学中だけでなく就職後にも必ず求められるセキュリティ管理を含むICT利活用能力、特に自身による計算
 機環境の管理能力を身に付けることができます。

◇大学が推し進める、学習データの管理・分析(Learning Analytics)など学生を個別にサポートし、能動的な
 学習を促す高度な教育手法(システムやプログラム)が享受できます。

対象の学生

2019年度(平成31年度)以降に工学部および情報工学部に入学するすべての学部1年生

必携のためのノートパソコンの要件

入学までに準備いただくノートパソコンの要件については、2018年10月頃 本ページにてお知らせします。
※要件を満たしたノートパソコンを既にお持ちの場合は、新たに購入する必要はありません。

経済的な支援

経済的事情によりノートパソコンを用意することが極めて困難な学生に対して、大学から支援を行う予定です。支援対象者及び支援内容については、追ってお知らせします。

◇お問い合わせ
 九州工業大学 入試課
 〒804-8550 北九州市戸畑区仙水町1-1
 TEL:093-884-3544


このページのトップへ