文字サイズの変更
標準
閉じる

入学料免除・入学料徴収猶予・授業料免除

入学料免除

入学料免除の制度は、経済的理由により入学料の納付が困難で、かつ、学業優秀と認められる大学院入学者を対象として、申請に基づき選考の上、入学料を免除するものです。
学部入学者における入学料免除は、令和2年度から始まる「高等教育の修学支援新制度」により実施されます。【学務課学生・留学生支援係:093-884-3050】

入学料免除の出願資格者
大学院
入学者
1.経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。
2.入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」)が死亡した場合又は入学する者の学資負担者が風水害等の被害を受けた場合。
学部
入学者
1.「大学等における修学の支援に関する法律施行規則」(令和元年度文部科学省令6号)に定めるところによる。
2.強い社会的要請があり、特段の配慮が必要であると学長が認める者。
申請、選考結果通知の時期
入学期申請受付選考結果通知方法
4月入学手続き最終日まで5月中旬保証人(入学手続き時に選定された方)宛てに郵送。
10月入学手続き最終日まで11月中旬保証人(入学手続き時に選定された方)宛てに郵送。

入学料免除申請者は、結果を通知されるまで入学料の納付が猶予されます。
選考の結果、一部免除許可、若しくは不許可となった場合は、所定の期日までに入学料の半額若しくは全額を納付しなければ除籍となりますので、注意してください。

入学料徴収猶予(大学院学生)

入学料徴収猶予の制度は、経済的理由により入学手続き終了の日までに納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる大学院入学者を対象として、申請に基づき選考の上、入学料の納付を猶予するものです。

申請、選考結果通知の時期
入学期申請受付選考結果通知方法
4月入学手続き最終日まで5月中旬保証人(入学手続き時に選定された方)宛てに郵送。
10月入学手続き最終日まで11月中旬保証人(入学手続き時に選定された方)宛てに郵送。

選考の結果、猶予を許可された場合は、4月入学者は8月末、10月入学者は1月末まで入学料の納付が猶予されますが、いずれも期日までに入学料の全額を納付しなければ除籍となりますので、注意してください。

授業料免除

授業料免除の制度は、経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる大学院学生を主に対象として、申請に基づき選考の上、授業料を免除するものです。
授業料免除の申請は、学期毎に受付けますが、前期申請時に後期分を併せて申請する事ができます。
ただし、後期も申請を希望する場合、若しくは前期申請して後期は申請希望しない場合、いずれも「授業料免除等に関するチェックリスト(後期分)」を別途提出する必要があります。チェックリストの提出がない場合は、後期申請をしたことにならないので注意してください。
なお、学部学生における授業料免除は、令和2年度から始まる「高等教育の修学支援新制度」により実施されます。


説明会・申請等の時期
所属学期選考結果通知方法
戸畑 前期 6月下旬 学内掲示板及び九工大メールで通知
(郵送はしないので注意して下さい)
後期 12月下旬
飯塚 前期 6月下旬
後期 12月下旬
若松 前期 6月下旬
後期 12月下旬

所属するキャンパスによって説明会の時期や申請受付期限が異なりますので、各所属の学生係でよく確認してください。

新入生の申請については、入学試験合格者に大学から郵送される入学手続関係書類に案内を記載していますので、そちらを確認してください。
授業料免除の選考は学期毎に行いますので、前期の結果がそのまま後期に適用されるとは限りません(前期に全額免除になったからといって、後期も全額免除になるとは限りません)。
また、授業料免除申請者は、結果を通知されるまで授業料の納付が猶予されます。
選考の結果、一部免除許可、若しくは不許可となった場合は、所定の期日までに授業料の免除された残りの額、若しくは全額を納付しなければ除籍となりますので、注意してください。

<申請受付期間や申請書類に関する問合せ先>
戸畑:学生係 093-884-3054
飯塚:学生係 0948-29-7524
若松:学生・留学生係 093-695-6007

学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ