文字サイズの変更
標準
閉じる

公共住宅・民間アパート

市内には県や市が安価な家賃で提供する公共住宅があります。入居資格はそれぞれ決まっています。入居できる住宅は、抽選又は点数選考により決まります。

民間アパートは、部屋の広さ、生活用の付帯設備の状況により1ヶ月の部屋代はさまざまですが、平均すると30,000円~35,000円程度です。このほか、民間アパートを借りる際に毎月の部屋代のほかに敷金(保証金)、礼金(権利金)、不動産業者の仲介手数料を払うのが習慣となっており、入居時に1ヶ月の部屋代の3~5倍程度が必要です。

また、どの宿舎に入居しても電気・ガス・水道等の料金が必要で、設備の使用頻度により金額は異なりますが1ヶ月に5,000円~20,000円程度かかります。

福岡地域留学生住宅保証制度(留補償)

日本でアパートに入居するためには、連帯保証人が必要です。留学生が自分で連帯保証人を探し出すことが困難な場合、この制度に賛同する協力事業者(不動産業者等)が斡旋するアパートに入居すれば、本学が連帯保証をします。

留学生住宅総合補償(公益財団法人日本国際教育支援協会)

万一の火災等に対する備えと、入居保証人に迷惑がかからないようにするための補償制度です。福岡地域留学生住宅保証制度を利用する人は必ず加入する必要があります。

補償の内容は次のようなものです。

① 留学生賠償責任保険

留学生本人が「日常生活における事故」または「留学のための宿泊・居住施設の使用等における事故」によって他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりして損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われます。

② 傷害後遺障害保険

留学生本人が「交通事故やスポーツ等の偶然な事故」によるケガがもとで、事故の日からその日を含め180日以内に後遺障害が生じた場合に、その程度に応じた保険金が支払われます。

③ 保証人補償

留学生(賃借人)の家賃の未払い等により、連帯保証人が賃貸人から保証債務の履行請求を受けて支払った場合に、連帯保証人に対して補償金が支払われます。


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ