文字サイズの変更
標準
閉じる

アドミッションポリシー

建学の精神:技術に堪能(かんのう)なる士君子

今を遡ること100余年,明治42年(1909年)に九州工業大学の前身である私立明治専門学校が,戸畑の地(現在の北九州市)に開校しました。日本の近代化の歴史の中で,明治34年(1901年)に北九州・八幡の地に設置された官営製鉄所(八幡製鉄所)は,日本の殖産興業を支えた重要な拠点です。八幡製鉄所を含め,この北部九州の地を中心として,世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」として認められたことは記憶に新しいところです。
その中で,これらの施設に魂を込めるために,日本における技術者(エンジニア)の養成を旗印として,当時の高等教育の巨人,山川健次郎博士を初代総裁として招き,安川敬一郎及び松本健次郎の巨額の寄付のもと設置されたのが明治専門学校です。このときに示されたのが「技術に堪能なる士君子」,すなわち技術に精通するとともに,道義心のある人格者を養成すること,単に学問・技術を授けるのではなく,人間形成にも重点を置いた教育を行うという建学の精神です。本学は設立以来,その形態を私立から官立へ,官立から国立大学へと変えつつも,この建学の精神を脈々と受け継ぎ,明治から現在に至るまで,我が国の近代化,工業化,産業の発展に貢献する,6万人を超える優れた技術者を輩出し続けてきました。
その後,昭和61年(1986年)には,情報通信革命が始まる中,日本の情報通信技術を支える技術者を輩出するために,福岡県飯塚の地に情報工学部を設置しました。続いて,平成12年(2000年)には,21世紀を支える生命(バイオ)のもつ特性を工学的に活用する技術を起こす技術者を創出するために,北九州市若松の学研都市内に生命体工学研究科を設置しました。工学,情報工学,生命体工学と,産業革命・情報通信革命・バイオ革命と急速に時代が進展する中で,新たな知識と技術を持続的に生み出し続ける研究力を背景に,建学以来,常に,わが国の産業を支え,世界の先端で活躍できる技術者を生み出す学びの場を提供し続けています。その卒業生は企業の中核技術者や経営者として社会を支え,未来を切り拓いています。
本学は,「技術に堪能なる士君子」のもと,幅広い理工学分野における教育と研究を通して人類・社会に貢献することを基本理念とします。この理念に則って,「ものづくり」と「情報」における新しい技術と科学の発展において,深い専門性,幅広い知識と教養,多様な人々と協働するために必要なコミュニケ―ション能力及び技術者として必要な倫理観を備えるとともに,グローバル社会で活躍できる優れた技術者(グローバルエンジニア)としての能力を発展・向上させます。

また,本学が入学時点で入学者にもっていてほしいと期待する素養や能力は以下のとおりです。
・理工学分野の基盤となる,数学,理科(物理,化学,生物等),情報などの理数系科目に高い学力をもち,各高等学校等が定める履修課程表に従い全ての科目の基礎学力をもっていること。
・理系人として成長する強い意志と,「社会をより良くする何かを残したい,社会の問題を解決したい」という夢をもち続け,自らそのために行動できること。
・国際化に対応できるコミュニケーション能力の修得や,様々な文化を理解し受容することに,前向きな姿勢で臨むことができること。
・自律的な学びから広い視野をもち,多様な人々と協働することを通して,創意,発見する知の探求を持続する必要性を理解していること。

本学は,入学者の選抜にあたり,多様な選抜方法で,多面的・総合的に評価します。いずれの選抜方法においても,調査書等を用いて高等学校段階までの履修状況を確認します。加えて,一般入試では,大学入試センター試験,個別学力検査により,問題解決力を問うため,基礎学力と理数系の思考力・判断力・表現力等を評価します。一方,特別入試では,本学での学習に対応できる基礎学力を問うとともに,技術者としての適性や主体性,多様な人々と協働する姿勢なども考慮し,多面的に資質や能力を評価します。


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ