文字サイズの変更
標準
閉じる

工学府アドミッションポリシー

大学院博士前期課程

技術者及び研究者としての養成目標

「ものづくり」を基盤とした最先端科学技術分野において、開学以来掲げてきた「技術に堪能なる士君子」、すなわち、豊かな教養と技術者倫理ならびにコミュニケーション力を備え、科学技術の進歩に対応できる工学基礎力・専門技術力を有し、国際的に活躍できる専門技術者の素養と能力に加え、深い専門知識とそれに基づく課題発見・設定・解決能力、多様な文化の理解に基づく国際的コミュニケーション力を有するグローバル社会で活躍する高度専門技術者の養成を目指しています。

求める人材

(1)基礎学力を充分に修得し、(2)チャレンジ精神が旺盛で、果敢に新たな課題を求め、その解決に取り組もうとする前向きな姿勢を持ち、(3)グローバルな視点で物事を考えることができる人材を求めます。

一般選抜及び推薦選抜で受け入れる人材

(1)技術者に必要な基礎学力と工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解でき、(2)外国語によるコミュニケーションのための基本的能力を修得し、(3)問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人材を受け入れます。

社会人特別選抜で受け入れる人材

(1)社会人技術者、研究者等が在職のまま修学し、大学と社会との交流を深め、学問と技術の発展に寄与することを目的とし、(2)技術者に必要な基礎学力と工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解でき、(3)外国語によるコミュニケーションのための基本的能力を修得し、(4)問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人材を受け入れます。

外国人留学生特別選抜で受け入れる人材

(1)技術者に必要な基礎学力と工学専門分野の知識を修得し、自然現象を科学的に理解でき、(2)問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人材を受け入れます。

大学院博士後期課程

技術者及び研究者としての養成目標

「ものづくり」を基盤とした最先端科学技術分野における高度な知識を有し、その科学技術社会への波及効果を十分に理解していることに加え、複数の専門分野の知識を身に付け、問題解決能力、独創力、創造性及び実践的技術者としての必要な資質を持ち、イノベーションを創出できる能力を有する人材の養成を目標としています。
さらに、グローバル化する社会の中で、異文化を理解し多文化環境下で新しい価値を生み出す能力を持ち、かつ、リーダーシップを発揮できる人材の育成も目指しています。

求める人材

(1)技術者としての独創的思考及び研究開発活動を行うための工学専門分野における高度な知識を修得し、(2)新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得し、(3)グローバル社会においてコミュニケーション能力を発揮できる人材を求めます。

一般選抜で受け入れる人材

(1)研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得し、(2)外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得し、(3)未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理能力を習得している人材を求めます。

社会人特別選抜で受け入れる人材

(1)社会人技術者、研究者等で、在職のまま修学し、大学と社会との交流を深め、学問と技術の発展に寄与することを目的とし、(2)研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得し、(3)外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、新技術等を提案・公表するために必要なプレゼンテーション能力を修得し、(4)未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理能力を習得している人材を求めます。

外国人留学生特別選抜で受け入れる人材

(1)研究開発に必要な問題解決能力を実践的な高度技能として修得し、(2)未知の専門的課題に対して、その解決に向けた計画立案と作業の管理能力を習得している人材を受け入れます。


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ