文字サイズの変更
標準
閉じる

組織内オンブズマン制度を導入しました

更新日:2022.04.20

本学は、令和4年度より、キャンパスに集うすべての人々が心理的、身体的に安心できる環境のなかで勉学・研究・業務に専念し、充実した楽しい毎日が送れることを目的とし、この度「組織内オンブズマン制度」を導入しました。



組織内オンブズマン制度とは

組織内の様々な困りごと(ハラスメント、人間関係、コミュニケーション問題、処遇に対する不満など)について、中立性・非公式性・独立性・守秘義務を有する専門家(弁護士としても活躍しているオンブズパーソン)が対応し、解決を図る制度です。

法律に関わる事案だけではなく、感情、人間関係、倫理などに関する問題などについても、相談者の困りごとが解消されるよう、専門家がサポートします。また、本制度は、国際連合、世界銀行、アメリカ航空宇宙局(NASA)、アメリカやカナダの多くの大学が導入しています。





相談から解決の流れ

(例)





Q&A

Q. 誰でも相談できますか。
A. はい、本学で修学又は就労するすべての構成員が対象です。

Q. どのように相談したらいいでしょうか。
A.コミュニケーション支援係へ相談内容の概要をお知らせください。専門家との面談日程を調整します。

Q. 専門家との面談には誰が出席しますか。
A. 相談者と専門家に加え、相談者の同意を得てコンプライアンス室⾧又はコミュニケーション支援係職員が同席します。

各種相談窓口の利用、その他情報についてはこちらをご覧ください。

【お問合せ先】
コンプライアンス室 コミュニケーション支援係
TEL:093-884-3503
E-mail: cam-hara*jimu.kyutech.ac.jp
(メールは*を@に変えてお送りください)


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ