文字サイズの変更
標準
閉じる

若松キャンパスで初めての「もちつきイベント」を開催しました

更新日:2019.02.13

2019年1月27日(日)、若松キャンパスにおいて、留学生の日本文化体験および学生・教職員の交流を目的として、初めての「もちつきイベント」を開催しました。

イベントの前日は雪の降る寒い天気でしたが、当日は穏やかな晴天となりました。家族連れの教職員の参加もあり、餅つきの掛け声が会場に響きました。また、餅つき経験が豊富な職員有志によるスムーズな段取りで、約80名の参加者はできたてのお餅で作ったいちご大福やきなこ餅、酢餅などをお腹いっぱい堪能していました。

初めてもちつきを体験した留学生は「お餅が大好きなので、できたてをたくさん食べられてとても嬉しい」「杵が重くて大変だったけど、日本文化を体験できたので良かった」と満足の声が多く聞かれ、思い出に残る一日となりました。


教職員が見守る中、留学生が餅つきを体験

教職員が見守る中、留学生が餅つきを体験


初めての餅つき体験に緊張気味の留学生

初めての餅つき体験に緊張気味の留学生


職員と一緒にいちご大福作り

職員と一緒にいちご大福作り


つきたてのお餅を堪能

つきたてのお餅を堪能


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ