各種支援制度

在宅勤務制度

本学では、女性研究者へのヒアリング、教職員対象のアンケート調査結果にもとづいて、平成29年2月より、在宅勤務制度を導入し、対象者を妊娠中の女性研究者、満10歳までの子および障がいのある子を養育している男性・女性研究者としてスタートしました。在宅勤務制度を導入している国立大学はまだ少なく、導入当初、マスコミに大きな反響を与えました。

その後、さらに利用しやすい制度を目指して、利用者と学長との懇談会や利用者アンケートも実施し、ニーズに応じてこれまで2度の改定も行っています。直近の改定では、育児だけでなく介護も対象に拡充することとし、対象者に「要介護者である家族を介護している教育職員」を追加し、また、「育児」の対象となる子の学年を「小学6年生」まで延長しました。その結果、平成31年4月現在、8名の男性・女性教員がこの制度を利用しており、利用者8名のうち6名が工学系(うち男性教員1名)です。ライフイベント中の女性教員の約2/3が、在宅勤務制度を利用していることになります。

利用者からは「在宅勤務制度があって良かった」「研究の時間が確保できた」との意見が多く寄せられ、研究・教育活動への貢献度の大きい制度であることが伺えます。この制度により本学のライフイベント中の教員が、仕事と家庭生活の両立を図り、研究力がますます向上することを期待しています。

【本制度の利用を希望される教育職員の方へ】

在宅勤務実施要領をご確認頂いた上、申請書をご提出ください。
実施要領と申請書についてはこちら(学内専用)よりダウンロードできます。



安河内副学長(男女共同参画・社会連携担当)・男女共同参画推進室長のNHKインタビューの様子

安河内副学長(男女共同参画・社会連携担当)・男女共同参画推進室長のNHKインタビューの様子

自宅にて佐藤准教授の子育ての様子

自宅にて佐藤准教授の子育ての様子

学長と在宅勤務利用者との懇談会

学長と在宅勤務利用者との懇談会