文字サイズの変更
標準
閉じる

海外インターンシップ(UPM短期派遣)を実施しました

更新日:2022.11.17

2022年11月3日~16日の14日間、本学生命体工学研究科の学生11名が、マレーシアプトラ大学(UPM)を訪問する海外インターンシップ(UPM短期派遣)を実施しました。

今年度は、対面での交流をより円滑かつ効果的に実施できるよう、事前にオンラインで講習した上で、現地に派遣するオンラインと対面のブレンド型学生交流を行いました。

滞在中は二つのグループに分かれ、現地学生とのグループワークに取り組みました。今年度は、「色素増感太陽電池の製作コースワーク」(指導教員:Suhaidi教授(UPM)・パンディ シャム スディル教授(大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻)と「アブラヤシの登熟度判定とデータ解析コースワーク」(指導教員:Azhari准教授(UPM)・脇坂 港准教授(大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻)を行いました。

異文化理解の促進、国際的な視野の獲得のほか、国際的な環境下でのコミュニケーション力の獲得や研究遂行能力の向上を学生自らが実感できる派遣となりました。


実習風景(データ解析)

実習風景(データ解析)


実習風景(太陽電池)

実習風景(太陽電池)


集合写真(データ解析)

集合写真(データ解析)


集合写真(太陽電池)

集合写真(太陽電池)


事前オンライン講習風景

事前オンライン講習風景


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ