文字サイズの変更
標準
閉じる

駐日ウガンダ共和国大使が本学を訪問しました

更新日:2022.10.24

2022年9月26日に行われた学位記授与式にトファース・カーワ駐日ウガンダ共和国大使らが列席し、ウガンダ人留学生3名の修士号学位記授与を祝福されました。

学位記授与式前の三谷学長への表敬訪問では、ウガンダ人留学生ボニー・オマラ氏、エドガー・ムジュニ氏、デリック・テブスウェケ氏の3名が、新型コロナウイルスの影響による困難を乗り越えて、ウガンダ共和国にとって初の人工衛星「PearlAfricaSat-1」を開発した経験を共有しました。

ウガンダ人留学生が卒業後も引き続き本学との学術連携を進めること、また本学と在日ウガンダ共和国大使館が引き続き、宇宙工学に加えて様々な科学技術分野で協力することが確認されました。


学位記授与式を終えて


トファース・カーワ駐日ウガンダ共和国大使とウガンダの卒業生たち


表敬訪問


トファース・カーワ駐日ウガンダ共和国大使と三谷学長


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ