文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生がトヨタ・モビリティ基金のアイデアコンテストに採択されました

更新日:2022.08.24

トヨタ・モビリティ基金、「もっといいモビリティ社会」をつくるアイデアコンテスト「Make a Move PROJECT」のMobility for ALL部門において、本学大学院生命体工学研究科 博士後期課程1年の山崎駆さんのアイデア「メタバースで会場に潜むハンディを探し出せ!」が一次選考を通過し、採択されました。

提案したアイデア:「メタバースで会場に潜むハンディを探し出せ!」

● メタバース技術とAI技術を活用した福祉システムを提案します。
● 3Dスキャン技術を活用して、現実世界のコピーを仮想空間上に作成します。
● 現実の世界の障害を仮想空間上で探索、情報収集を行います。
● VR機器によって仮想空間上にアクセスし、障害を認知できるようにします。

今後は採択されたアイデアの実現に向けて、本学飯塚キャンパスのバーチャル化を目指す「バーチャル九工大」の開発チームと協力して開発を行い、2022年10月15日・16日に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久レースの会場にてブースを設置し、実証実験を行うことになっています。

受 賞 者 山崎 駆(大学院生命体工学研究科 博士後期課程1年)
指導教員 柴田 智広(大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 教授)
  • コンテストの詳細はこちら(TOYOTA mobility webサイト)
  • 「バーチャル九工大」プロジェクトのウェブアプリはこちら


VRアプリケーション開発中の様子

VRアプリケーション開発中の様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ