文字サイズの変更
標準
閉じる

本学教員が国際会議 IWOCA2022で Best Paper Award を受賞しました

更新日:2022.07.21

2022年6月7日〜9日、国際会議 33rd International Workshop on Combinatorial Algorithms (IWOCA) 2022 において、本学大学院情報工学研究院 知能情報工学研究系 井智弘准教授を著者に含む論文が Best Paper Award を受賞しました。

複数の文字列に共通する最長の部分列を求める手法は古くから研究されており、文字列データ間の類似度を計算する手法として広く利用されています。本研究は Lyndon 性を満たすという制約を加えた上で最長の共通部分列を計算する手法を提案しており、組み合わせアルゴリズムを扱う本会議において高く評価されました。

論文タイトル “Computing Longest (Common) Lyndon Subsequences”
著者 Hideo Bannai, Tomohiro I, Tomasz Kociumaka, Dominik Köppl, Simon J. Puglisi


表彰状

表彰状


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ