文字サイズの変更
標準
閉じる

本学情報工学部開発の「Arduino 簡易オシロスコープ」がトランジスタ技術で紹介されました

更新日:2022.07.13

本学大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系の小田部荘司 教授らのグループにより開発した「Arduinoを使った簡易オシロスコープ」が、この度、名古屋大学名誉教授の古橋武氏により電子回路技術者向けの雑誌であるトランジスタ技術(CQ出版社)2022年8月号で紹介されました。このオシロスコープでは等価時間サンプリングを用いることにより、等価的に1MHzのサンプリングができます。これはArduinoの性能の限界であり、このことが丁寧に解説されており、かなり専門的な内容で紹介されています。

Arduinoを使った簡易オシロスコープは、数本の抵抗とコンデンサを外部回路に準備するだけで、毎秒百万サンプリングできるオシロスコープを実現します。とても安価で手軽に、電子回路を作製するときに必要な基本的な計測機器を得ることができます。これにはハードウェアの限界の性能を引き出すソフトウェアの工夫があります。

Arduinoを用いた演習や実験をされている方は、情報工学部webサイトに公開していますので、ぜひ試してみてください。

◇Arduinoを使った簡易オシロスコープについてはこちら

◇トランジスタ技術 2022 年 8 月号「ジュニアのためのブレッドボード実験室〈5〉Arduinoで簡易USBオシロスコープ」についてはこちら


Arduino 簡易オシロスコープ

Arduino 簡易オシロスコープ


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ