文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生プロジェクト「飯塚未来開発」が行政向けLINEアプリの開発しました

更新日:2022.03.15

本学学生プロジェクト「飯塚未来開発」(顧問:大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系 小田部荘司 教授)のメンバーの西野颯真さん(情報工学部 情報・通信工学科3年)、高野耕大さん(情報工学部 知能情報工学科3年)、村田哲一朗さん(情報工学部 2類 1年)が、株式会社 西海クリエイティブカンパニー(SCC)、長崎県西海市役所と協力して、長崎県西海市の市役所デジタル化を目的に、行政向けLINEアプリの開発を行いました。

今回開発した「窓口手続きばりぐっどくん*」は、市役所窓口での各種必要な書類、申請に必要なもの、申請の流れが西海公式LINEから簡単に確認できるサービスです。利用者はいつでもどこからでも、必要な書類や手続きの流れを事前に確認することができます。

近頃DXが喧伝される中、本学学生の作るアプリが地方行政を支え、地域に貢献しています。また学生にとっても、実際に本アプリを多くの方にご利用いただくことで、将来のITエンジニアとして活躍する上での貴重な経験となっています。

現在、上記の試みは実証実験として2022年3月28日まで実施しています。今後は、この実証実験をきっかけに西海市行政のデジタル化を加速させ、将来的にはアプリ上で書類作成できるようになり、手続き自体をインターネット上で完結させたいと考えています。

  • 西海クリエイティブカンパニー(長崎県西海市)によるプレスリリースはこちら
  • 長崎県の公式チャンネル、長崎がんばらんばチャンネルでの紹介映像はこちら

※「ばりぐっどくん」とはSCCのマスコットです。


西海市役所で掲げられているポスター

西海市役所で掲げられているポスター


窓口でのチラシ

窓口でのチラシ


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ