文字サイズの変更
標準
閉じる

九州工業大学が小型衛星分野で4年連続世界1位!

更新日:2022.02.25

宇宙産業に関する調査で世界的に知られる「Bryce Space and Technology」(米国バージニア州)が発行したレポート「Smallsats by the Numbers 2022」によると、運用する小型・超小型衛星の数において、本学は大学・学術機関の中で世界1位となりました。これは2018年から4年連続の1位となります。

2012-2021年の間に打ち上げ・運用された600kg以下の衛星のうち、本学およびベルリン工科大学(ドイツ)は19基で世界1位、3位:ボストン大学(米国)10基、4位:サンノゼ州立大学(米国)およびコロラド大学(米国)9基などが並んでいます。

2022年には、KITSUNE衛星やBIRDS-5衛星など6基が新たに打ち上げられる予定です。
・KITSUNE(2022.2.20打ち上げ済み、近日中にISSから放出予定)
・BIRDS5:3機(ISSから放出予定)
・FUTABA(ISSから放出予定)
・MITSUBA(イプシロン革新衛星3号機で打ち上げ予定)

◇レポート:Smallsats by the Numbers 2022 はこちら


Smallsats by the Numbers 2022

Smallsats by the Numbers 2022


大学・学術機関が運用する衛星数

大学・学術機関が運用する衛星数


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
採用情報
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ