文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生らが層状磁性体CrI3の磁気秩序の系統的な操作に成功しました

更新日:2022.02.09

本学大学院工学府 工学専攻電気エネルギー工学コース 博士前期課程1年の荒牧武生さん(美藤研究室)らの研究チームは、高圧力下での系統的な物性実験を通じて、層状磁性体CrI3の磁気秩序を操作することに成功しました。CrI3は、CrI3層が層の数を変えていくと磁性が劇的に変化する物質であり、スピンデバイスの候補物質の1つとして最近注目を集めています。

荒牧武生さんらは、その研究の中で高圧力下磁気測定を担当しましたが、磁気測定は強磁性転移温度の追跡にとって最も重要な物性測定であり、本研究の極めて重要な部分を担当したと言えます。

本研究成果を発表した論文は、2022年2月8日に米国応用物理学会の学術雑誌「Physical Review B」(Letter論文)のEditors' Suggestion論文としてオンラインで公開されました。2019年1月にも同研究室で発表した高圧力下磁気測定の論文が、同じく「Physical Review B」のEditors' Suggestion論文として選ばれており、同研究室の磁気測定技術の高さを裏付けています。 

  • Physical Review B に掲載された論文についてはこちら

タイトル “Exotic magnetic and electronic properties of layered CrI3 single crystals under high pressure”
著者名 Anirudha Ghosh, D. Singh, T. Aramaki, Qingge Mu, V. Borisov, Y. Kvashnin, G. Haider, M. Jonak, D. Chareev, S. A. Medvedev, R. Klingeler, M. Mito, E. H. Abdul-Hafidh, J. Vejpravova, M. Kalbàč, R. Ahuja, Olle Eriksson, and Mahmoud Abdel-Hafiez
雑誌 Phys. Rev. B 105, L081104 (2022)
指導教員 美藤正樹 教授(大学院工学研究院 基礎科学研究系)


論文Fig-4(c), 「CrI3の磁気特性・電気伝導性の圧力変化」

論文Fig-4(c), 「CrI3の磁気特性・電気伝導性の圧力変化」


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ