文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生および教員がSI2021において優秀講演賞を受賞しました

更新日:2022.01.26

2021年 12月15日~17日、第22回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2021)がオンラインで開催され、大学院工学府工学専攻機械工学コース 博士前期課程2年の赤星美彩子さん、同コース博士前期課程1年の舎川拓馬さん、大学院工学研究院機械知能工学研究系 永岡健司准教授が、「螺旋階段翼を用いたメカニカル波動推進機構」と題して研究発表を行い、優秀講演賞を受賞しました。

本研究は、螺旋階段翼を用いた単一回転機構によってメカニカルな軸方向波動伝播構造を全周に渡って実現する新たなメカニズムを提案し、推進機構として実証したことを発表しています。また、同提案技術は特許出願中の内容であり、既存の波動伝搬機構と比べても簡素な単一アクチュエーション構造かつ被覆・全周での波動伝播という点について、新規性として評価されました。

  • 第22回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会についてはこちら

受 賞 者 赤星美彩子(大学院工学府工学専攻機械工学コース 博士前期課程2年)
舎川拓馬(同 博士前期課程1年)
永岡健司 准教授(大学院工学研究院 機械知能工学研究系)
論文題目 "螺旋階段翼を用いたメカニカル波動推進機構"
指導教員 永岡健司 准教授(大学院工学研究院 機械知能工学研究系)



学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ