文字サイズの変更
標準
閉じる

第61回工大祭を開催しました

更新日:2021.12.17

2021年11月20日、21日、戸畑・飯塚両キャンパスで第61回工大祭が開催されました。
今年度もステージ企画を動画配信し、サークルの活動を紹介したサークル展示など、多くの企画を行いました。

下記、無事に工大祭を終えた、両キャンパス実行委員の方のコメントです。

◎ 工学部工大祭実行委員長 : 稲福晃汰さん(工学部 電気電子工学科 2年)

先ず、無事に第61回工大祭を開催出来たこと大変うれしく思います。今年度の工大祭では、模擬店の開催や学外からの来場者を迎えた工大祭を目指しておりましたが、昨年度に引き続き入場制限を設けた上での開催となりました。そのような状況下においても、皆様に安心して工大祭を楽しんでいただけるよう、学校医の指導のもと、最大限の新型コロナウイルス感染症対策を行いました。また、YouTubeでの配信をご覧の方に楽しんでいただけるようなステージ企画や視聴者プレゼント企画、学内展示や特設サイトでの展示を行った学科展、サークル展など、様々なコンテンツを準備し、皆様に楽しんでいただけた事と思います。来年度も感染状況を伺いながらの準備となることが考えられます。その中で、模擬店の開催や、学外からの来場者が安心して楽しめるような工大祭の開催を目指していきたいと思います。最後になりますが、工大祭を開催するに当たって、学校関係者及び協賛各社の皆様にご協力頂き誠にありがとうございました。

◎ 工学部工大祭実行委員内務部長(副委員長) : 沢田圭佑さん(工学部 応用化学科 3年)

今年度の工大祭では可能な限りオンラインだけで無く対面形式での開催を目標に行っていました。そのため我々実行委員会では、感染拡大させずに対面に戻すというジレンマを解消することに務めていました。工大祭関係者へのPCR検査実施などにより、学内だけではなく学外からの出場者にも企画に参加して頂きました。来年度開催に向けて、模擬店等の人気企画の復活と学外来場者の工大祭参加を目標にしています。少しずつ対面での開催に戻っていますが、例年(コロナ前の工大祭)と比べると学内外問わず学祭への関心が薄れているのが現状です。そのため来年度は活気のある工大祭が開催出来るよう尽力していきたいと思っています。

◎ 工学部工大祭実行委員ステージ担当 : 田中偉琉さん(工学部 応用化学科 2年)

ステージの管理などを行っていたので、コロナ対策などとの兼ね合いが大変でした。結果として、カラオケなどステージ企画は例年通りに行え、無事に開催できて本当に良かったです。 ステージ担当ではありますが、来年は学祭の華である模擬店の復活と、観客などがコロナ前のように賑わうことを祈っています。

◎ 情報工学部工大祭実行委員長 : 柴啓仁さん(情報工学部 知能情報工学科 3年)

第61回工大祭にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
今年も新型コロナウイルス感染症の影響を受け、規模が縮小してしまい、入場制限や企画中止などがあったことは残念ではありましたが、コロナ禍の中で工大祭が無事行えたことを大変嬉しく思います。 飯塚キャンパスや配信など、様々な場所で皆様が楽しんでいただけたのであれば幸いです。来年も皆さまに安心して楽しんでいただける工大祭を創り上げていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

例年11月に開催されている工大祭ですが、来年度は10月に開催される予定です。
工大祭実行委員のみなさんは、より多くの学生や地域の方々を楽しませることができるよう、来年度に向けてスタートを切っています。 来年度の工大祭にも乞うご期待ください!


【戸畑】サークル発表の様子

【戸畑】サークル発表の様子


【戸畑】ステージ企画の様子

【戸畑】ステージ企画の様子


【飯塚】ステージ企画の様子

【飯塚】ステージ企画の様子


【飯塚】花火の様子

【飯塚】花火の様子


【飯塚】階段ペインティング

【飯塚】階段ペインティング


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ