文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生および教員がCANDAR 2021において論文賞と功労賞を受賞しました

更新日:2021.12.01

2021年11月23日~26日、国際会議 The Ninth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR 2021) がオンラインで開催され、併催ワークショップのPDAA (13th International Workshop on Parallel and Distributed Algorithms and Applications) において、本学大学院情報工学府 先端情報工学専攻 博士前期課程2年の永尾興生さんと本学大学院情報工学研究院情報・通信工学研究系の藤原暁宏教授の発表論文が、PDAA Best Paper Award を受賞しました。

PDAA Best Paper Awardを受賞した「An asynchronous P system with branch and bound for solving the subset sum problem」と題した研究は、ナチュラルコンピューティングの一つとして注目を集めている膜計算において、計算困難問題の一つである部分和問題に対して、必要な計算資源を大幅に低減させる計算手法に関する研究であり、将来的な展望が期待できる研究です。

また、藤原教授は、国際会議CANDARの運営に対する長年の貢献を評価され、Distinguished Service Award を授与されました。


  • 国際会議CANDARについてはこちら

■ PDAA Best Paper Award


受 賞 者 永尾興生 (大学院情報工学府 先端情報工学専攻 博士前期課程2年)
藤原暁宏 教授 (大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系)
発表題目 "An asynchronous P system with branch and bound for solving the subset sum problem"

■ Distinguished Service Award


受賞者 藤原暁宏 教授 (大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系)

zoomでの授賞式の様子

zoomでの授賞式の様子


 表彰状 (PDAA Best Paper Award)

表彰状 (PDAA Best Paper Award)


表彰状 (Distinguished Service Award)

表彰状 (Distinguished Service Award)


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ