文字サイズの変更
標準
閉じる

BIOMOD Japan 2021に本学学生が参加しました

更新日:2021.11.12

知能分子ロボティクス研究会主催の生体分子デザインコンペティション BIOMOD JAPAN OPEN 2021がオンラインで開催され、本学からは情報工学部生命化学情報工学科3年の越智耀亮さんと松島雄大さん、同学科2年の川崎瞭太さんと辻勇輝さん、同学部物理情報工学科2年の竹森健太さんが参加しました。また、チームメンターとして大学院情報工学研究院生命化学情報工学研究系の平順一助教と前田和勲助教が参加しました。

BIOMODは、DNAなどのプログラマブルな生体分子を材料にして、さまざまな分子ロボットや分子システムのデザインを競う国際的なコンペティションです。今年度は「SDGsを達成するための分子ロボット(分子システム)の設計」をテーマに、昨年度に同様、完全オンライン形式にて国内7大学の学部生(総勢23名)による混合チーム(4チーム)が編成され、2021年8月から約3ヶ月間に渡って活動が行われました。

全ての作品(ウェブサイト、YouTube動画、プレゼンテーション)は英語で制作され、2021年11月6日に開催された最終発表会では、コンセプトや有用性、シミュレーションデータなどに対して評価が行われました。

参加者からは、「他大学の学生と共同作業できたことは貴重な機会であった」、「科学的な部分だけでなく、さまざまな実力がついたことを実感できた」、「ポストコロナ時代のチームでの仕事の仕方の良い訓練となった」といった声が寄せられました。

  • 生体分子コンペティション「BIOMOD Japan 2021」についてはこちら
  • 本学学生が制作に関わった作品1はこちら
  • 本学学生が制作に関わった作品2はこちら
  • 本学学生が制作に関わった作品2はこちら

オンライン発表会のタイトルページ

オンライン発表会のタイトルページ


開催の様子

開催の様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ