文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生と東海大学の合同チーム「Ultra_Bot」がFPGAデザインコンテストで優勝しました

更新日:2021.10.26

2021年10月23日~24日、第10回 相磯秀夫杯 FPGAデザインコンテストが岡山大学津島キャンパスで開催され、本学大学院 生命体工学研究科と東海大学情報通信学部の学生が中心となって結成しているチーム「Ultra_Bot」(指導教員:大学院生命体工学研究科 田向権 教授、東海大学情報通信学部 大川猛 准教授)が出場しました。本チームは本学と東海大学の合同チームとして今年度結成され、初出場ながら優勝という快挙を成し遂げました。

本競技会は、高速でかつ低消費電力で動作する、内部の論理回路を書き換え可能なデバイス、Field Programmable Gate Array (FPGA)を用いて完全自動運転に必要な画像処理技術と車体制御技術の研究開発を加速させることを目的として開催されています。2021年12月に行われるThe International Conference on Field-Programmable Technology 2021 (FPT’21) の中で開催される国際大会FPGA Design Competitionに向けて開催された国内大会であり、自動車の完全自動運転に必要な主要機能をFPGAで実装することに主眼が置かれています。なお、本競技会は新型コロナウイルス対策を十分に講じたうえ、無観客での開催となりました。

チーム「Ultra_Bot」は、道路上の白線を認識し車両を制御する画像処理機能、障害物をニューラルネットワークで検知する機能の双方をFPGAへと実装し、障害物を避けて走行する機能と併せて集積化したロボットを開発し、初日の競技会で初出場ながら見事1位という好成績を収めました。また、競技会に出場したほとんどのチームが障害物回避に失敗する中で唯一、障害物の安全な回避にも成功しました。

初日の競技会は12月に開催される世界大会と同様のルールの下、チームメンバーが遠隔地からロボットを操作する形式で実施され、出場6チーム中1位という成績を収めました。メンバーは会場の環境に合わせてロボットを調整することができないため、会場の環境に寄らずスイッチを入れただけで自律的に走行する、ロボットの安定性が極めて重要です。大会2日目はチームメンバーが直接ロボットを操作する形式での競技会が行われ、出場7チーム中、4位という結果を収めました。

本競技会出場により得られた知見を活かし、12月に行われる世界大会に向けた調整が続けられています。
世界大会での活躍にもご期待ください。

◇「第10回 相磯秀夫杯 FPGAデザインコンテスト」についてはこちら。
◇九州工業大学大学院 生命体工学研究科 田向研究室についてはこちら。
◇東海大学 情報通信学部 大川研究室についてはこちら。


ロボットの最終調整


出走前のチーム紹介(初日、別室からZoom)


出走前のチーム紹介(2日目、会場にて)


競技の様子(2日目)


スコアボード(初日)


表彰状


チーム集合写真


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ