文字サイズの変更
標準
閉じる

UPMとE-mobility programを実施しました

更新日:2021.10.01

2021年9月6日〜17日の2週間、マレーシアプトラ大学(UPM)とE-mobility programを開催しました。このプログラムは、毎年本学とUPMとで相互訪問するものですが、今回はオンラインプログラムとして、教養教育院が担当し、「持続可能な開発目標(SDGs)に関するプロジェクト」をテーマに実施しました。

UPM学生45名と、本学演習科目「国際協働演習」を受講している42名が、自分自身のCOVID-19の経験、身近にあるSDGsの取り組み、および今後行われるべきSDGsのアクションについてディスカッションとプレゼンテーションをオンラインで行いました。

また、本学のグローバル・コミュニケーション・ラウンジ(GCL)による交流イベントや、九工大・UPM双方の若手研究者による研究紹介イベントが行われました。

参加学生には、意見の出し方や伝え方、合意形成の仕方、非言語コミュニケーションの重要性、オンラインツールの活用、SDGsへの能動的な貢献など、コミュニケーションや持続可能性に関し様々な学びがあったようです。


プログラム情報

プログラム情報


参加学生のプレゼン

参加学生のプレゼン


若手研究者による研究紹介

若手研究者による研究紹介


記念写真

記念写真


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ