文字サイズの変更
標準
閉じる

本学センターの研究に関する記事がウェブ記事に掲載されました

更新日:2021.09.21

2021年9月20日、日本経済新聞(web版)に、本学ニューロモルフィックAIハードウェア研究センター(センター長:大学院生命体工学研究科 田中啓文 教授、副センター長:同研究科 田向権 教授)が取り組む脳の仕組みを模倣した“ニューロモルフィックAIハードウェア”と家庭用サービスロボット応用に関する研究の記事が掲載されました。

ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターは、マテリアル・脳型数理モデル・脳型チップ・AIロボティクス分野の各研究者が連携し、現行のソフトウェアベースのAIシステムをはるかに超越する次世代AIシステム、ニューロモルフィックAIハードウェアの実現を目指しています。

ぜひ、下記よりご覧ください。

  • 日本経済新聞掲載記事はこちら。※要会員登録
  • ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターについてはこちら

ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターの概要


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ