文字サイズの変更
標準
閉じる

本学教員が日本ソフトウェア科学会第37回大会高橋奨励賞を受賞しました

更新日:2021.09.21

2020年9月8日~10日、日本ソフトウェア科学会第37回大会がオンラインで開催され、本学大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系 八杉昌宏教授は『HOPE: 階層的計算省略に基づく耐障害性を備えた並列実行モデル』と題して研究発表を行い、高橋奨励賞を受賞しました。

複数の処理装置が協力して一つの計算を並列実行する際には、各装置の担当範囲を決めるのが常識でした。これに対して、どの装置も全範囲を異なる順序で担当しつつ、実行時に他から結果を得た部分の計算は省略することで、全体として障害に強く、無駄も少なく並列実行できます。この全く新しい並列実行モデルを、八杉教授らはHOPEモデルと名付けて提唱しています。

受賞対象となった研究発表では、HOPEモデル、HOPE言語と実装の概要が紹介されるとともに、いくつかの拡張と補足と展望が示され、負荷分散と耐障害性を両立できる点、C言語の拡張であるHOPE言語で簡易に並列アプリケーションを開発できる点が評価されました。

高橋奨励賞は日本ソフトウェア科学会の大会において研究発表した会員から毎年2名程度が論文内容及び発表技術に基づき選出されます。また、表彰式は翌年2021年9月3日に開催された日本ソフトウェア科学会第38回大会閉会式にて執り行われました。

受 賞 者 八杉昌宏 教授 (大学院情報工学研究院 情報・通信工学研究系)
発表題目 "HOPE: 階層的計算省略に基づく耐障害性を備えた並列実行モデル"


表彰状

表彰状


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ