文字サイズの変更
標準
閉じる

大分県副知事御一行がスマートライフケア共創工房を訪問しました

更新日:2021.08.19

2021年8月6日、大分県の黒田副知事御一行が、厚生労働省の「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」のリビングラボ拠点であるスマートライフケア共創工房を訪問しました。

スマートライフケア共創工房の運営代表者である柴田智広 教授(大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻)がスマートライフケア共創工房のコンセプトやリビングラボとしての活動紹介を行った後、柴田研究室の学生が歩行アシストに関する様々なロボットのデモンストレーションを行い、黒田副知事も実際に体験をされて強く関心を持たれていました。

今後、大分県も介護ロボットなどの開発に一層力を入れていき、本学と連携関係を構築していくことで意見が一致しました。


スマートライフケア共創工房やリビングラボの紹介の様子


アシスト歩行器のデモンストレーションの様子


空気圧駆動人工筋を用いたパーキンソン病患者向けの歩行アシスト装置体験の様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ