文字サイズの変更
標準
閉じる

『RoboCup 2021 Worldwide』でHibikino-Musashi@Home がBest Test Performance (Go, Get It!)賞他を受賞しました

更新日:2021.07.07

2021年6月22日~28日、RoboCup 2021 Worldwideがオンラインで開催され、「Hibikino-Musashi@Home」(主指導教員:大学院生命体工学研究科 田向権 教授)が@Home Domestic Standard Platform League (DSPL) にて準優勝したこと ( 準優勝のTOPICSはこちら。)に加えて3つの賞を新たに受賞しました。

Go Get-it! (指定されたものを取ってくるタスク)ではタスク遂行の正確さと素早さが評価され、「Best Go, Get It! in DSPL」賞(DSPLでの最優秀賞)と「Best Test Performance (Go, Get It!)」賞(@ホーム全リーグでの最優秀賞)を受賞しました。

また、ホームロボットの研究開発が評価されるOpen Challengeにて“Best Open Challenge Award”を受賞しました。Open Challengeでは、柔軟触覚センサ(生命体工学研究科・田向研開発)とレザバーチップ(同・森江研開発)を組合せた物体認識システムを披露し、視覚に加えて触覚情報を活用することで頑健な物体認識が実現できることを示しました。また、柔軟触覚センサから得られる時系列情報をレザバーチップに取り込み、高い電力効率で処理できることを併せて示しました。

なお、Open Challengeで披露した研究成果は「NEDO 高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/次世代コンピューティング技術の開発」「未来共生社会にむけたニューロモルフィックダイナミクスのポテンシャルの解明」の委託の下、九州工業大学と大阪大学の共同研究により得られたものです。

  • 『RoboCup 2021』でHibikino-Musashi@Home が世界大会 準優勝!(2021年6月30日掲載)記事はこちら

◇RoboCup 2021 DSPL Open Challenge - Hibikino-Musashi@Home, YouTube Video 詳細はこちら
◇Neuro Morphic Dynamics 詳細はこちら
◇RoboCup 2021 @Home League Competition Board 詳細はこちら
◇RoboCup 2021 Worldwide Official Site 詳細はこちら
◇チームの紹介および最新情報はこちらから(改装中:近日公開予定)
◇チームのfacebookページはこちら


柔軟触覚センサ(YouTubeより)


柔軟触覚センサとレザバーチップによる物体認識システム(YouTubeより)


ロボット応用(YouTubeより)


RoboCup @Home Best Go, Get It! In DSPL 表彰状


RoboCup @Home Best Test Performance: Go, Get It! 表彰状


RoboCup @Home Best Open Challenge Award 表彰状


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ