文字サイズの変更
標準
閉じる

第4回Neumorphセミナーを開催しました

更新日:2021.05.20

2021年4月30日、ニューモルフィックAIハードウェア研究センター(センター長:大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻 田中啓文教授)において、第4回Neumorphセミナーをオンライン(一部センターメンバーのみ対面聴講)で開催しました。本セミナーの注目度がとても高く、最大76名の参加がありました。

セミナーでは、本学の元教員で、KiQ Robotics株式会社 テクニカルフェロー、Nishida Lab代表の西田健氏より「リバーシブル・オートメーション〜多品種生産に求められるAIとロボット〜」と題して、現在の製造業を取り巻く社会情勢や技術課題を総括したあと、成し遂げるべき技術課題について講演がありました。YouTubeでも公開中ですので、ぜひご覧ください(英語字幕付き)。

また、本セミナーについては、サイエンスライターの森山氏により、ロボスタの記事としても取り上げられました。


講演の様子

講演の様子


KiQ Robotics株式会社 テクニカルフェロー、Nishida Lab代表の西田健氏

KiQ Robotics株式会社 テクニカルフェロー、Nishida Lab代表の西田健氏


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ