文字サイズの変更
標準
閉じる

オンラインさくらサイエンスプランで国際交流を行いました(機械工学分野)

更新日:2020.12.22

2020年11月16日~12月18日、オンラインにおいて、科学技術振興機構さくらサイエンスプラン「機械工学分野における国際交流協定校との連携強化によるグローバル人材の育成」(Enhancement of International Exchange Partnerships and Global Engineering Education in Mechanical Engineering Field)を実施しました。

本オンライン交流事業では、本学の国際交流協定校の青島理工大学、東北大学、山東大学、マラヤ大学、台湾科技大学、昌原大学校およびコチン科学技術大学(インド)から学生39名と教員8名の計47名の参加があり、機械工学分野における教育研究の国際交流を深めました。

Web会議サービスZoomで、特別講演(10件)と口頭発表(12件)、Web会議ツールRemoでポスター発表(38件)を行いました。また、協働学習および研究室見学(8件)もZoomを通して実施しました。協働学習では、日本人学生10名と交流校学生41名を7つのグループに分けて、「Drilling wood to make fire」、「Gyro manufacturing based on LCD light-curing 3D printer」および「Designing a coining press」のテーマを中心に設計、製作および議論を行いました。研究室見学では、先端な研究設備の説明だけではなく、デモ実験を中継しながらわかりやすく紹介しました。

マレーシアの学生はロックダウンの状況の中で行動が制限されたにもかかわらず、チームメンバーと力を合わせてそれぞれの目標を達成することができるなど、一連の活動を通して学⽣同士の交流を促進することができ、⾮常に有意義な活動となりました。


Zoom lecture

Zoom lecture


Remo presentation

Remo presentation


Collaborative work

Collaborative work


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ