文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生がICCAS2020においてOutstanding Paper Awardを受賞しました

更新日:2020.12.01

2020年10月13日~16日、20th International Conference on Control, Automation and Systems(ICCAS2020)がオンラインで開催され、大学院工学府 工学専攻 知能制御工学コース 博士前期課程2年の細木大祐さんが『Symmetric Plane Detection and Symmetry Analysis from A 3D Point Cloud Data of Face』と題して研究発表を行い、Outstanding Paper Awardを受賞しました。

この研究は、3次元点群データから口唇裂により生じる顔の非対称性を定量的に評価するための画像解析法を提案したもので、口唇裂によって発生する顔の歪みにあまり影響されず、正しい対称基準面が自動で設定できる点が評価され、受賞しました。同学会では292件の論文発表が行われ、その中のOutstanding Paperとして4編選ばれました。


受 賞 者: 細木大祐(大学院工学府 工学専攻 知能制御工学コース 博士前期課程2年)
発表題目: "Symmetric Plane Detection and Symmetry Analysis from A 3D Point Cloud Data of Face "
指導教員: 神谷亨 教授(大学院工学研究院 機械知能工学研究系)


表彰状

表彰状


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ