文字サイズの変更
標準
閉じる

BIOMOD Japan 2020で本学学生参加チームが総合優勝しました

更新日:2020.10.01

生体分子デザインコンペティション BIOMOD JAPAN OPEN 2020が開催され、本学情報工学部 生命化学情報工学科 2年の越智耀亮さんと松島雄大さんが参加し、また、大学院情報工学研究院 生命化学情報工学研究系 平順一 助教が大会実行委員およびチームメンターとして参加しました。

本大会は生体分子を材料とした「ものづくり」に関する大会で、今回は「ウイルスに打ち勝つための分子ロボット(分子システム)の設計」というテーマで、2020年7月より約3ヶ月に渡って活動が行われました。

今年はコロナ禍での開催となり、全てのイベントはオンライン(Zoom等)にて行われ、11大学の学生約50名の混成チーム(5チーム)によって争われました。全ての作品(ウェブサイト、YouTube動画、プレゼンテーション)は英語で制作され、審査はこれらの中のコンセプト、有用性、シミュレーションデータなどに対して行われます。

2020年9月30日、最終発表会がおこなわれ、松島さんが所属し平助教が指導を行なったチームがBest Project Website賞を獲得するとともに総合優勝(Grand Prize)を果たし、越智さんが所属したチームはBest Presentation賞を受賞しました。

  • 生体分子コンペティション「BIOMOD Japan 2020」についてはこちら
  • 本学学生が制作に関わった作品1はこちら
  • 本学学生が制作に関わった作品2はこちら

オンライン発表会のタイトルページ

オンライン発表会のタイトルページ


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ