文字サイズの変更
標準
閉じる

本学教員の論文が学術雑誌「Applied Physics Letters」のHighly Cited, Highly Read Research in Organic Electronics and Photonicsに選出されました

更新日:2020.06.25

本学大学院生命体工学研究 生体機能応用工学専攻 パンディ シャム スディル准教授、高嶋授准教授、早瀬修二教授、および大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系 永松秀一准教授らのグループの論文が学術雑誌「Applied Physics Letters」の有機エレクトロニクスおよびフォトニクスの分野で、最もよく閲覧され最も引用された研究の1つに選出されました。

本論文では、同グループが開発した手法を用いて、有機半導体高分子を高度に配向制御することで、有機トランジスタの高い異方性及び高い電荷移動度を達成したことが評価されました。


論 文 :「Anisotropic charge transport in highly oriented films of semiconducting polymer prepared by ribbon-shaped floating film」
共著者 : Shyam S. Pandey (大学院生命体工学研究 生体機能応用工学専攻 准教授)
    高嶋授 (同 准教授*)
    早瀬修二 (同 教授*)
    永松秀一 (大学院情報工学研究院 物理情報工学研究系 准教授)
    *論文発表時

掲載誌 :Applied Physics Letters 112, 123301 (2018)

◇掲載論文はこちら


学術雑誌「Applied Physics Letters」掲載webページ

学術雑誌「Applied Physics Letters」掲載webページ


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ