文字サイズの変更
標準
閉じる

本学教員の論文が優秀論文として選定されました

更新日:2020.06.02

本学 大学院工学研究院 物質工学研究系 集合体化学研究室(中戸晃之教授、毛利恵美子助教)の研究が、日本化学会速報誌「Chemistry Letters」の優秀論文(Editor's Choice)に選定されました。

本論文は、無機層状結晶から得られ超薄層粒子(無機ナノシート)のコロイドに、構造色(玉虫の羽根やCD記録面の虹色など、物質のナノ構造が光を干渉させて現れる色)を発現させた研究で、通常の調製では構造色を示さない無機ナノシートのコロイドでも、コロイドの共存塩を適切に制御することで多様な構造色を発現させられることを示したものです。新しい機能を付与したコーティング剤や、周囲の環境に応答するセンサーへの応用が期待されます。

論 文 :「Development of Structural Color by Niobate Nanosheet Colloids 」
共著者 : 中戸晃之(大学院工学研究院 物質工学研究系 教授)
    毛利恵美子(大学院工学研究院 物質工学研究系 助教)
    福元崇之(大学院工学府 物質工学専攻 応用化学コース 博士前期課程2年)
    大神智有(工学部 応用化学科 卒業生)
掲載誌 :Chemistry Letters, 2020, 49, 717-720

◇掲載論文はこちら


Chemistry Letters誌のインサイドカバーとして採用された本論文のイメージ図

Chemistry Letters誌のインサイドカバーとして採用された本論文のイメージ図


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ