文字サイズの変更
標準
閉じる

本学教員と学生がIACにおいて受賞しました

更新日:2019.12.05

2019年10月21日(月)~25日(金)、ワシントンD.C.において、毎年6000人以上が参加する世界最大の「国際宇宙会議(IAC2019)」が開催され、本学の趙孟佑 教授(大学院工学研究院 宇宙システム工学研究系)は、国際宇宙航行連盟(IAF)の決定により、最高の教育者として「フランクJ.マリーナメダル」を受賞しました。

さらに、本学の学生3名、Femi Ishola(ナイジェリア)、Izrael Bautista(フィリピン)、およびYasir Abbas(スーダン)が、IAFによって「エマージングスペースリーダー(ESL)」賞を受賞しました。

ESL助成プログラムでは、 今年、120人がESLを申請し、提出された書類の選考の元、21歳から35歳までの25人の学生と若い専門家がIACに参加しています。

◇関連記事はこちら


趙教授がマリナ賞を受賞

趙教授がマリナ賞を受賞


本学の学生3名がESL賞を受賞

本学の学生3名がESL賞を受賞


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ