文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生チームが国際生体分子デザインコンペティションBIOMOD Japan 2019 で第3位に!

更新日:2019.09.11

2019年8月31日(土)、東京大学において、国際生体分子デザインコンペティションBIOMOD Japan 2019が開催され、本学情報工学部の学生8名と大学院情報工学府の学生1名からなる学生チームが参加しました。(メンター教員:大学院情報工学研究院 生命化学情報工学研究系 平順一助教))

BIOMODは、DNAなどの生体分子、材料を使って自由な発想で作品を作り、その機能やデザインを競う大会です。本大会は、今年10月に行われる世界大会(会場:カリフォルニア大学サンフランシスコ校)の前哨戦で、第9回となる今年は、東北大学、東京大学、関西大学、九州工業大学の4チームが参加しました。

審査は、作品に関するweb siteおよびプレゼンテーション(英語)によって行なわれ、その合計点を競いました。本学チームは学生ならではの着想のもと「DNA Clipenzyme」というタイトルの作品を作り、3位となりました。また、副賞としてトラベルアワードを受賞いたしました。


表彰式の様子

表彰式の様子


プレゼンの様子

プレゼンの様子


集合写真

集合写真


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ