文字サイズの変更
標準
閉じる

本学学生が第6回ソレノイドコンテストにおいて特別賞を受賞しました

更新日:2019.05.29

タカハ機工株式会社主催の第6回ソレノイドコンテストにおいて、ものづくりが大好きな本学学生たちが製作した作品「ゲーセンブレイカー」が特別賞を受賞しました。

ソレノイドコンテストは、電気部品「ソレノイド」を使った発明品を動画で投稿し、アイデアと技術を競います。

今回受賞した「ゲーセンブレーカー」について、アートユニット「明和電機」代表取締役社長 土佐信道氏から「人間のあいまいさを機械の正確さがおぎなうことで、クレーンゲームを攻略するという問題作。もし、将来的にこの装置と画像認識とAIが合体し、攻略データがクラウドに蓄積されていくならば・・・全世界のゲーセンがつぶれる!まずい!」と講評を受けています。

【特別賞】
 作品名 : ゲーセンブレイカー
      ~Game center is broken by machine~
 投稿名 : ゆきひら さん
 制作者 : 情報工学部電子情報工学科3年 兵頭悠生さん

◇第6回ソレコン(タカハソレノイドコンテスト)結果発表はこちら。(外部リンク)
◇西日本新聞_2019年2月28日(木)の掲載記事はこちら。(情報工学部ウェブサイト)


受賞作品「ゲーセンブレイカー」

受賞作品「ゲーセンブレイカー」


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ