文字サイズの変更
標準
閉じる

九州工業大学とYEデジタル、DXに資する“高度専門人材育成”に向けて協力

更新日:2022.11.09

 九州工業大学とYEデジタル、DXに資する“高度専門人材育成”に向けて協力

-2022年12月から工学府大学院生を対象に、AIを活用した社会課題解決を学習-

共に北九州市に拠点をおく国立大学法人九州工業大学(本部:北九州市戸畑区 学長:三谷康範 以下、九州工業大学)および株式会社YE DIGITAL(本社:北九州市小倉北区 代表取締役社長:玉井裕治、以下、YEデジタル)は、この度、文部科学省令和3年度補正予算事業を活用し、AI技術を活用することで社会課題の解決・高付加価値化に導き、これからの産業界をけん引する“高度専門人材育成”に向けて、協力を行うこととなりました。2022年12月から大学院工学府の学生を対象に、講義および演習を行います。

■今回の背景 
九州工業大学とYEデジタルは、2020年に北九州市を加えた3者で「オープンイノベーション人材の育成等に関する連携協定」を締結しています。今回はこの取り組みの延長線上で生まれたものです。高度な専門的知識の習得を行う工学府において、両者のシナジーにより、現場の課題視点でAIの活用で解決を図ること、そのために必要な手法などを学ぶことで、社会貢献を実現していく、DXに資する“高度専門人材”の育成を目指します。

■文部科学省補正予算事業について
文科省補正予算事業「デジタルと専門分野の掛け合わせによる産業DXをけん引する高度専門人材育成事業」において、九州工業大学の「産業のマザー・テクノロジーのDX化に資する人材の育成」の取り組みが採択されました。これまでの両者の関係を生かし、そのカリキュラムの1つとして、YEデジタルの経験・ノウハウを生かした演習科目を取り入れることになりました。



■演習科目:実践工学総合科目C(AI基礎と画像認識)
YEデジタルが提供するAI画像判定サービス「MMEye Package Lab.」を用い、アルゴリズムのパラメータを調整しながら、コンベヤーに実際の対象物を流してAIで判定する“手触り感のある”実習や、評価・改良といった演習を行う。


■MMEye Package Lab. とは?
AI画像判定の学習&リアルタイム検査用サーバーに必要な機材をパッケージング。
「分類」「物体検知」「セグメンテーション」「アノマリー検出」などのアルゴリズムを搭載し、撮像環境などもセットされていることから、異物混入検査、不良品判定、個数カウントといったさまざまな用途でのAI画像判定を簡単に試すことができます。
企業のR&Dセンターでの検証や高等教育機関での演習に最適です。


※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。




プレスリリース本文はこちら


【お問い合わせ】
■ 九州工業大学 広報課
  TEL:093-884-3008
  E-Mail:pr-kouhou*jimu.kyutech.ac.jp

■ 株式会社YEデジタル マーケティング本部広報部
  TEL:093-522-6563
  E-Mail:press*ye-digital.com
  (メールは*を@に変えてお送りください)


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ