文字サイズの変更
標準
閉じる

九州工業大学とTableauがデータサイエンス教育で協力

更新日:2019.08.26

九州工業大学とTableauがデータサイエンス教育で協力

-新入生向けノートPCTableauを搭載、大学院に新設したデータサイエンスコースでも採用-

国立大学法人 九州工業大学(福岡県北九州市、学長:尾家 祐二)とデータ分析プラットフォームで世界をリードするTableau Softwareの日本法人Tableau Japan株式会社(東京都中央区、社長:佐藤 豊)は、九州工業大学情報工学部(福岡県飯塚市)の新入生500名にデータ分析ソフトウェア「Tableau Software」を9月から順次提供開始し、データサイエンス教育で協力すると発表しました。また九州工業大学が今年4月に新設した大学院のデータサイエンスコースでもTableauを採用する予定で、大学院生の教育や研究に使用します。大学でTableauを体系的に導入する例は、日本では九州工業大学が初めてです。

社会や経済におけるデータの価値が高まっている中、データを分析し、そこからインサイトを導き出せる人材が求められるようになっています。さらにAIのような先端技術が業務に大きな影響を与える時代を見据え、データサイエンティストの育成が急務となっています。

九州工業大学には国立大学で唯一の情報工学部があり、情報社会の未来をリードする世界基準のIT人材の育成に力を入れてきました。このようなビジョンに沿って、この度、米国の多くの大学の授業で使われ、実績のあるTableauが採用されました。授業にデータ分析を取り入れることでアクションに結びつくインサイトを得られるため、学生は卒業後も、仕事に役立てることができ、即戦力に結びつく能力を身につけることができます。またTableauは就職に有利な技術スキルとしても広く認識されています。

九州工業大学はTableauのアカデミックプログラムを活用して、学生と教師向けにTableauのライセンスを提供します。Tableauのアカデミックプログラムは、次世代のデータ人材を支援するためにライセンスを無料で提供する取り組みです。2011年以降、世界中で70万人以上の学生と教師が授業でTableauを使用しています。ライセンスを提供するだけでなく、オンライン学習やコンテストの実施などによって、学習をサポートする取り組みも行っていきます。

Tableauは、今後、九州工業大学向けにトレーニングやワークショップを提供し、学生がデータ分析に関する知識を深め、能力向上することをサポートしていきます。またこのような取り組みを他大学にも広げ、データサイエンティストの育成を支援することで、日本の競争力強化に寄与していきます。

国立大学法人 九州工業大学 学長 尾家祐二のコメント。「学生がデータ分析の専門的な知識を習得し、卒業後に即戦力として社会で活躍できる人材となるよう、情報工学部および大学院へのTableau導入を決定しました。Tableauは、高度な情報化社会で不可欠となるデータ処理、データ分析、価値創造ができる人材の育成に大きく貢献すると考えています」

Tableau Japan株式会社 会長 浜田俊のコメント。「誰もがデータを使ってインサイトを得て、実務に反映できる時代になり、データ分析は企業で働く人材にとって必須の能力となっています。九州工業大学のTableau採用をきっかけに、データ分析人材やデータサイエンティストの育成の動きがさらに加速されると期待しています。優秀なデータ人材が増えることで、日本経済の競争力向上に寄与すると考えています」

プレスリリース本文はこちら

【お問い合わせ先】
九州工業大学総務課広報企画係
電話:093-884-3007 
Mail:sou-kouhou*jimu.kyutech.ac.jp
(*を@に変えてお送りください)


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ