文字サイズの変更
標準
閉じる

UPMとのジョイントリサーチプログラムの最終報告会を開催しました

更新日:2022.06.20

2022年6月8日(水)、マレーシアプトラ大学(UPM)とのジョイントリサーチプログラム2019の最終報告会をオンラインで合同開催しました。UPMとは、2017年度からはジョイントリサーチプログラムを開始しており、これまでに合計14件のプロジェクトを採択し実施しています。

今回の最終報告会では、2019年11月1日から2022年3月31日までに実施された以下の3件のプロジェクトにおいて、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けつつも、十分な研究成果が得られたことが報告されました。

2022年度も新たなプロジェクトを採択し、引き続きジョイントリサーチプログラムを実施する予定です。

(プロジェクト1)

研究代表者 パンディシャムスディル 教授 (大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻)
Suhaidi Shafie 教授 (Institute of Advanced Technology)-UPM
研究題目 Platinum Free Counter Electrode Catalyst for Dye Sensitized Solar Cell Synthesis using

(プロジェクト2)

研究代表者 前田憲成 教授 (大学院生命体工学研究科 生体機能応用工学専攻)
Norhayati Ramli 准教授 (Department of Bioprocess Technology)-UPM
研究題目 Development of Molecular-based Indicator for Biomonitoring the River Water Contamination due to Palm Oil Mill Effluent Final Discharge

(プロジェクト3)

研究代表者 和田親宗 教授 (大学院生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻)
Siti Anom Ahmad 教授 (Malaysian Research Institute on Ageing)-UPM
研究題目 Fall and Balance Monitoring System for Older Persons



学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ