文字サイズの変更
標準
閉じる

第15回九工大わくわく科学教室『はじめての歩くロボットプログラミング』を開催しました

更新日:2017.12.20

 平成29年12月16日(土)、本学の飯塚キャンパスにおいて、筑豊地区はじめ福岡県内から小中学生12名が参加し、歩くロボットプログラミングに挑戦しました。

 プログラミングの基礎やロボットの構造について学んだ後、参加者は子ども向けプログラミング言語Scratchを使って、本大学のオリジナルロボット教材『QTロボ(キューテックロボ)』を歩かせたり、LEDを光らせたりするよう、TAのアドバイスを受けながらプログラミングに取り組みました。最後は全員の前で、作成したプログラムを実行しロボットの動きを披露しました。
 本イベントの様子は、12月16日(土)放送のNHKニュースで放送され、12月17日(日)の西日本新聞(筑豊版)と読売新聞(筑豊版)にも掲載されました。

 なお、今回使用したロボットの開発および製作は「平成29年度飯塚市大学支援補助金」の助成を受けて実施しました。

参加者 : 12名
見学者 : 6名
講 師 : 荒川 等 〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
補 佐 : 大野 芳久〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     冨重 真理〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     二尾 浩樹〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     本田 俊光〔九州工業大学飯塚キャンパス技術部・技術専門職員〕
     宮野 英次
      〔情報工学研究院システム創成情報工学研究系・教授、理数教育支援センター飯塚分室長〕
     大原 梨紗〔理数教育支援センター飯塚分室・事務補佐員〕
     TA 10名

 参加された皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました!

◇NHK・西日本新聞・読売新聞の掲載記事はこちら(情報工学部ウェブサイト)


開催の様子

開催の様子

開催の様子

開催の様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ