文字サイズの変更
標準
閉じる

日韓合同の建築設計競技会において最優秀賞を受賞した建設社会建築デザイン研究室(佐久間研)の学生が学長報告を行いました

更新日:2017.12.04

 平成29年11月22日(水)、JIA(日本建築家協会九州支部北福岡地域会)日韓合同学生ワークショップinゆふいん「風景とコミュニティのためのしなやかなデザイン」建築デザイン設計競技において最優秀賞を受賞した工学部建設社会工学科 建築デザイン研究室(佐久間研)の学生8名が受賞について尾家祐二学長に報告をおこないました。
 建設社会工学科4年神園亘さんらは、競技会の概要や、チームで行った提案内容について説明し、尾家学長から「このような外部とのインタラクションから、得ることはおおい。今後の活躍も期待しています。」とのねぎらいの言葉がかけられました。

工学部建設社会工学科 建築デザイン研究室学部4年生 : 池尻賢也さん、石川龍さん、井藁大希さん、大村美波さん、神園亘さん、中濱敦子さん、西田淳さん、松山裕生さん (指導:佐久間 治教授)


学長報告の様子

学長報告の様子

学長報告の様子

学長報告の様子

◇JIA日韓合同学生ワークショップinゆふいん「風景とコミュニティのためのしなやかなデザイン」建築デザイン設計競技での最優秀賞を受賞の記事はこちら


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ