文字サイズの変更
標準
閉じる

cobaco tobata(コバコ トバタ)がグランドオープンしました

更新日:2017.11.16

 平成29年11月4日(土)に、築約60年の旧産婦人科医院だったレトロな建物をリノベーションし、ぬくもりのある懐かしい雰囲気の各部屋に個性豊かなショップが集まる「cobaco tobata」がグランドオープンを迎えました。

 このプロジェクトは、本学工学研究院建設社会工学研究系所属の徳田光弘 准教授(北九州発の「リノベーションスクール」初代代表)と、同学科の建築計画研究室の学生たちが、企画当初から携わってきたもので、産学連携による地域再生事業の一環です。オープンに至るまで、学生たちが主体となり、テナント募集を兼ねたワークショップやイベントも開催してきました。
 小さな部屋には、焙煎珈琲屋や花屋、雑貨屋、メガネ屋、陶器屋などが集まり、大学と地域との新しい関わり方として、戸畑エリアの地域課題を解決していく拠点の役割も担っていく予定です。

 お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
 ◇cobaco tobata(北九州市戸畑区中原西2-4-22)


cobaco外観

cobaco外観

実際に入居を考えている方への説明の様子

実際に入居を考えている方への説明の様子

テナント募集を兼ねた床貼りワークショップ

テナント募集を兼ねた床貼りワークショップ

ワークショップに参加した地元の子どもたち

ワークショップに参加した地元の子どもたち


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ