文字サイズの変更
標準
閉じる

九州工業大学次世代パワーエレクトロニクス研究センター施設見学会を開催しました

更新日:2017.10.18

 平成29年10月12日(木)、次世代パワーエレクトロニクス研究センターの施設見学会を開催しました。

 次世代パワーエレクトロニクス研究センターは、エレクトロニクスによる省エネルギー/CO2削減を推進するために2012年に設立され、世界トップレベルの教育研究機能と国や地域に貢献できる産学官連携を実現する拠点として活動を続けてまいりました。
 本年度、これまで戸畑キャンパス、ひびきの地区に分散していた研究設備等を若松キャンパス内に集約いたしました。これまでに整備したパワー半導体研究に関する設計環境、実装・評価環境に加え、新たにデバイス試作装置を導入し、半導体材料からパワー半導体、パッケージ研究さらに高電圧変換回路試験、信頼性試験までパワーエレクトロニクスにかかわる一連の研究をひびきの地区で、ワンストップで行える研究環境を整備いたしました。
 見学会では、それらの装置群の紹介および本センター独自の成果共有型産学連携の仕組み「オープンラボ構想」についても紹介いたしました。


尾家学長の挨拶

尾家学長の挨拶

花本生命体工学研究科長の挨拶

花本生命体工学研究科長の挨拶

センター概要説明会の様子

センター概要説明会の様子

センター概要説明会の様子

センター概要説明会の様子

施設見学の様子

施設見学の様子

施設見学の様子

施設見学の様子


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ