文字サイズの変更
標準
閉じる

エラスムス・プラス(Erasmus+)により、フランス・ロレーヌ大学との研究者交流プログラムを実施しました

更新日:2017.07.11

 欧州の高等教育研究連携事業であるエラスムス・プラス(Erasmus+)プログラムのもと、フランス・ロレーヌ大学よりPatrick HENAFF教授が本学に滞在し、1週間(平成29年6月18日~24日)の研究交流プログラムが実施されました。

 戸畑キャンパスでは本学の学生向けの英語での講義 (Neural Modelling for Robotics)及び、西田健研究室と共同研究の打ち合わせを行い、若松キャンパスでは5つの研究室訪問を通して研究交流を行いました。

 HENAFF教授は神経振動子の工学応用の世界的権威で、ロボットと人がシンクロするための研究をされています。本学の松岡清利名誉教授の「松岡神経振動子」( Matsuoka Neural Oscillator)についても精通しており、これから本学との間で様々な共同研究が期待されます。


講義の様子

講義の様子

若松キャンパスでの研究室訪問の様子

若松キャンパスでの研究室訪問

訪問期間中の教員室の前で

訪問期間中の教員室の前で

本学に留学中のロレーヌ大学生との再会

本学に留学中のロレーヌ大学生との再会

共同研究に向けての打ち合わせ

共同研究に向けての打ち合わせ

尾家学長への表敬訪問

尾家学長への表敬訪問


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト

教育の取り組み

グローバル・コンピテンシー

各種情報

入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
出前講義
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ