文字サイズの変更
標準
閉じる

介護施設従事者のIoTによる行動認識・予測の実施実験を実施ー行動認識・予測技術の事業化に向けてー

更新日:2018.10.26

このたび、国立大学法人九州工業大学は、株式会社ウチヤマホールディングスと連携し、高齢者介護施設においてIoTセンサとビッグデータ分析を活用して、介護・看護職員の介護記録の効率化と明日の介護を予測する実証実験を実施しました。平成30年3月から6月までの約4ヶ月間、行動認識技術とIoTセンサやスマートフォンを用いてセンサデータと介護記録を自動収集し、スマートフォンのセンサから介護記録を自動的に認識するアルゴリズムと、明日の介護を予測するアルゴリズムを機械学習により構築しました。これらにより介護記録の綿密化と、業務記録時間短縮の効果が示されました。大学発ベンチャーとも協力して、引き続きこの技術の普及に取り組んで参ります。


介護行動記録・認識スマートフォンアプリ

介護行動記録・認識スマートフォンアプリ


◇詳細はこちらから(プレスリリース本文)

◇本件お問い合わせ先
九州工業大学 総務課広報企画係 用正
Tel :093-884-3007
Mail:sou-kouhou*jimu.kyutecha.ac.jp (*を@に変えてお送りください)


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ