文字サイズの変更
標準
閉じる

Shell Ocean Discovery XPRIZE 「Round1技術評価試験」 - Team KUROSHIO実施日時・場所等の決定について

更新日:2017.12.20

 国立研究開発法人海洋研究開発機構、国立大学法人東京大学・生産技術研究所、国立大学法人九州工業大学、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所、三井造船株式会社、日本海洋事業株式会社、株式会社KDDI総合研究所及びヤマハ発動機株式会社からなる「Team KUROSHIO」は、海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目標とする海底探査技術の世界コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE(以下、XPRIZEという)」に挑戦しています(2017年2月17日既報)。
 この度、Round1の実施に大幅な変更がありましたことをお知らせします。

1.背景
当初、XPRIZEでは、Round1、Round2(以下参照) という2つの実海域での競技が予定されていました。

○Round1
水深2,000mで16時間以内に最低100km2以上の海底マップ構築、海底ターゲットの写真撮影(5枚)
○Round2
水深4,000mで24時間以内に最低250km2以上の海底マップ構築、海底ターゲットの写真撮影(10枚)

しかし、2017年夏期に、Round1開催予定地であったプエルトリコを大型ハリケーンが直撃し、現地に甚大な被害を与えました。この事態を受け、XPRIZE事務局では、「Round1をプエルトリコでは開催しない」等、Round1の実施方法を大幅に変更するという決定を下しました。
※XPRIZE事務局より11月10日にリリース済 (外部サイトへ)

2.変更概要

 

変更前

変更後

開催時期

2017年9月~11月

2017年11月~2018年2月

開催地

プエルトリコ

審判団が各チームを訪問

実施事項

①水深2,000mで16時間以内に
最低100km2以上の海底マップ構築

 ②海底ターゲットの写真撮影(5枚)

海底探査に必要な11項目の
技術について審判団が評価

Round1結果発表時期

2018年2月

2018年4月

Round2進出チーム数

最大10チーム

制限なし

Round2開催時期
及び結果発表時期

開催時期:2018年9月

結果発表時期:2018年12月

開催時期:2018年10月

結果発表時期:2018年12月

なお、Round2の実施事項(実海域競技①深海4,000mで24時間以内に最低250 km2以上の海底マップ構築、②海底ターゲットの写真撮影(10枚))は変更ありません。

3. Team KUROSHIOの今後の予定
Team KUROSHIOの「Round1技術評価試験」の実施期間・実施場所等は、XPRIZE事務局との協議の結果、下記の要領で実施することが決定となりましたので、お知らせいたします。

実施予定日

2018年1月28日(日)~1月31日(水)

実施場所

国立大学法人東京大学・生産技術研究所 水中ロボット試験水槽
(東京都目黒区駒場4-6-1)

※一部試験は、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全

研究所でも実施の可能性があります。

試験項目

(11項目)

①自律性、②衝突回避、③データ回収、④潜航能力、⑤持久性、⑥画像撮影、

⑦マッピング解像度、⑧ナビゲーション、⑨耐航性、⑩サイズおよび重量、⑪スピード

※試験は非公開です。

当初の予定より大幅に変更となってしまいましたが、Team KUROSHIOでは万全の状態で「Round1 技術評価試験」を実施、Round2へと進出することを当面の目標とし、全力で準備等に臨む所存です。今後ともTeam KUROSHIOへのご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

◇プレスリリース本文はこちらから

お問合せ先:
Team KUROSHIO広報担当
電話: 046-867-9250
E-mail: kuroshiopr(at)jamstec.go.jp


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
教育の取り組み
グローバル・コンピテンシー
各種情報
入試資料請求
研究者紹介
教職員の公募
男女共同参画推進室
障がいのある学生等への支援
マイナンバー
キャンパスマップ・交通案内
このページのトップへ