文字サイズの変更
標準
閉じる

情報工学実践セミナー:生命現象における翻訳制御の役割

更新日:2022.04.21

情報工学実践セミナーⅠ~Ⅳ対象
「生命現象における翻訳制御の役割」


網羅的解析技術の進歩により、真核生物が様々な刺激に応答してmRNAの翻訳パターンを調節していることが明らかになってきました。網羅的な遺伝子発現解析(リボソームプロファイリング)により、がん細胞やモデル真核細胞(酵母・幹細胞など)における翻訳制御の機序を解明します。

多数のご参加をお待ちしてます。

講演題目「生命現象における翻訳制御の役割」
講 師浅野 桂 (カンザス州立大学生物学科教授、広島大学兼任)
実施日時2022年 5月 27日(金) 4限目 (14:40~16:10)
実施場所九州工業大学 飯塚キャンパス 1401 講義室
履修していることにより単位認定対象外となる授業科目名無し



◇お問い合わせ先
 九州工業大学
 情報工学研究院 倉田博之
 TEL:0948-29-7828
 E-mail:kurata*bio.kyutech.ac.jp
 (メールは*を@に変えてお送りください)


学長室より
工学部サテライトサイト
情報工学部サテライトサイト
生命体工学研究科サテライトサイト
MSSCサテライトサイト
インターネット出願
入試資料請求
研究者紹介
採用情報
男女共同参画への取り組み
出前講義
障がいのある学生等への支援
災害への対応
九州工業大学基金サイト
明専会サイト
このページのトップへ