九州工業大学

環境や人にやさしい
新しい光半導体で
未来の可能性を拓く。

Researcher's Data

Name
寺井 慶和
Affiliation
情報工学研究院
物理情報工学研究系
Job Title
教授
Campus
飯塚キャンパス
研究室についてもっと詳しく知るにはコチラ

パソコンや携帯電話など、私たちの暮らしの中には、光半導体が使われている物がたくさんあります。その光半導体を作るための新しい物質として、資源が豊富で、環境にも負担をかけない鉄やシリコンに注目しています。

Researcher's Data

Name
寺井 慶和
Affiliation
情報工学研究院 物理情報工学研究系
Job Title
教授
Campus
飯塚キャンパス
URL
研究室についてもっと詳しく知るにはコチラ

研究内容

現在、光半導体の材料の多くは、世界的にも貴重な希少金属(レアメタル)や人体に有害な元素から構成される物質ですが、それでは持続可能なIoT社会には対応しきれないと思っています。これからのIoT社会を支えるためにも、自然界に豊富に存在する鉄やシリコンといった資源で材料をつくり、新しいデバイスの開発につなげることを目標としています。これらの物質は豊富にあるだけでなく、人や環境にも負担が少ないことが大きな特長です。

 
 

課題

金属とシリコンの化合物であるシリサイドを用いた光半導体を作るまでは成功していますが、実際にデバイスにした時の性能があまりよくないことが課題です。まだまだ新しい分野なので、研究の教科書のような役目を果たす基礎研究を進めながら、応用研究を同時進行で行っていく必要があります。

 
 

この研究で、
暮らしはどうなる?

たとえば5Gや6Gといった、さらなる高速情報通信社会で活用できるデバイスの開発につながります。その新しい技術が、環境にやさしい物質でできていることで、一部分ではありますが環境問題の解決にもつながっていくと考えられます。

 

今後の展望

新しい半導体を作る技術を確立させ、デバイス性能の向上を目指します。さらには、今までの技術とは全く違った新原理に基づいたデバイス動作を探索していきます。 私たちが行っているのは、基礎研究に近いところです。新しい機能を持つ半導体ができれば新しい機能を持つデバイスができ、その積み重ねで新しいIoT社会を創る根幹技術を開発していくことができます。また、この研究を活かして、いろんな人がいろんな次の研究につなげていってくれることにも期待しています。

 
 

研究の魅力

自然界にどんな元素が存在しているかはわかっていても、人類はその物質の可能性を把握しきれていません。身近な材料でも、未知の可能性を秘めているかもしれないんです。私たちの研究は、それをいち早く知ることができるという探求心が満たされるかもしれない?というのが魅力です。

 
 
研究を一言でいうと…
「創」。

ものを創り出す。アイデアを創造する。

 
 

必須アイテム

  • ■ 懐中電灯とピンセット
    暗闇で、懐中電灯を口にくわえて作業をすることが多いので、自分の懐中電灯でないと…。
  • ■ 愛用のボールペンと実験ノート
    アイデアや考えをまとめる時には、自分で書き留めた方が記憶に残るのでノートは必需品です。
  • ■ ノートパソコン Let’s note
    Let’s noteのボディはマグネシウム合金。関西の大学にいたころに、そのマグネシウム合金の開発に携わっていた先生が近くにいたので、なんとなく。
 
 

1日のスケジュール

業務・実験
メールチェックや準備をして、実験開始
     
お昼休み
食事はお弁当または生協食堂。たまにカップ麺
     
会議・打ち合わせ・ ミーティング
共同研究先企業との打ち合わせや研究室内ミーティングも行います。
     
仕事
データ解析、論文執筆、事務処理など。
 
 

ライフスタイル

  • ■ 研究者を志したきっかけは
    研究は自分が生きているうちにどのくらいの成果が出せるかわからないけれど、人を育てれば、その人がまた人を育ててくれます。人は宝です。そんな教育と研究の両方に携わる仕事に就きたかったので大学の仕事に就きました。
  • ■ 尊敬する人物
    ■ 尊敬する人物ラグビー部の監督。いろんなことを厳しく・優しく指導してもらい、人間的に強くなれたから。
  • ■ 自分の性格を一言でいうと
    「いいかげん」「てきとう」。研究や実験や解析は精密さが大事ですが、こだわりすぎると前に進めないこともあります。基本的には、「良い加減」であった方がいいと思っています。
  • ■ 座右の銘は
    「日々努力」。学生とは「教える側」「教わる側」ではなく、一緒に仕事をして一緒に成長していく関係でいたいと思っています。そのためには、私が学生よりも努力をしないと。
 

学生の頃に
「しておけばよかった」

たくさんの親友が作れてよかった。 もっと海外旅行して異文化経験をしておけばよかったと思います。
 

もし大学教員
ではなかったら

35歳までに研究者としてやっていけなかったら、コンビニの店長になろうと決めていました。コンビニにはいろんな業務があるし、人も動かします。それをこなしていくのが、自分には向いていると思っています。
 
 
 

九工大のおすすめポイント

卒業生と現役生のつながりが強いですね。卒業生が研究室に顔を出してくれたり、連絡をくれたり。就職活動の時も、卒業生が現役生をサポートしてくれます。

中高生へのメッセージ

たくさんの興味をもって、いろいろな経験(失敗と成功)を積み重ねること。たとえ失敗したとしても、そこから這い上がる力がつくし、失敗から学ぶことはとても多い。できるだけ多くのチャレンジをすれば、その中から自分が目指すものが見つかるはずです。
 

この研究に
興味がわいたら…

ここに入学

  • 情報工学部
    • 情工2類
      (学際情報工学系)
    • 情工3類
      (自然情報工学系)

ここに進学(2年次〜)

  • 情報工学部
    • 物理情報工学科

さらに極める

  • 大学院情報工学府
    • 先端情報工学専攻
TOPへ戻る

ほかの研究者の製作過程はこちらから!

ほかの研究者の
製作過程はこちらから!