文字サイズの変更
標準
閉じる

課外活動に関すること

課外活動に関すること

更新日:2022.10.19


課外活動におけるリスクレベル10.19更新


レベル1(注意維持)



課外活動(部活動、サークル等)について


団体ごとに作成しているリスクレベルによる感染拡大防止対策を講じた、「リスクレベル別活動計画表」に基づいた活動を行ってください。なお、リスクレベルに関しては、大学(学校医、学生係など)において慎重に判断し、実施可能と判断したものは、その活動を学部長が許可します。 


10月19日(水)から,「2:警戒」から,「1:注意維持」に引き下げ、そのレベルでの活動を認めます。感染拡大防止への配慮してください。

課外活動・サークル活動の原則禁止については、活動計画を審査のうえ解除しますが、今後の福岡県や学内の感染状況によっては、活動に再び制限を設ける場合もありますので、自覚のある行動に努めてください。


合宿、遠征、対外試合(学外者を招いて学内で実施する試合を含む)、演奏会、ライブ、イベント等について10.19更新


合宿・遠征・対外試合・公演・ライブ等については、それぞれの団体の課外活動の特性や感染リスクに対応した感染対策マニュアルを策定し、部員に周知徹底して遵守させることで、従来の個別許可制から届出制に移行可能です。感染対策マニュアルを策定したら、所属学部、大学院の学生担当係へ提出してください。学校医が感染対策の内容をチェックし、不十分な点があれば、加筆・修正を指示する場合があります。課外活動計画表にある、感染対策を行って活動してください。

なお、感染対策マニュアルについては、学校医による確認が必要です。大会等の参加を希望する団体は実施計画を作成し、所属学部、大学院の学生担当係へ提出してください。


なお、本方針は現時点の状況を踏まえたものです。今後の感染状況に応じて、随時見直しを行いますので、最新の新型コロナウイルス感染症対策の詳細を確認してください。



飲み会・会食・カラオケ等感染リスクの高い場面への参加・開催10.19更新

本学では今年に入ってから、飲み会、会食、ホームパーティー、カラオケ等の参加者に集団感染が多く発生しており、一部ではクラスターにまで至っております。今後、上述の飲み会・会食等の開催を検討している団体があるかもしれませんが、感染リスクが高いことを十分に認識し、また、いったん感染が起こった場合は友人・知人・家族も巻き込んで多方面に影響が及ぶことに十分配慮し、自粛も含めて慎重に行動をとるよう、お願いします。

以下の点を遵守する等、感染対策を徹底してください。
 ● 感染防止認証店等、感染対策が徹底された店を選ぶこと
 ● 飲み会や会食等の開催日の1週間前から当日までの間に、発熱・風邪症状・味覚/嗅覚障害等があった者や感染者と濃厚接触した恐れのある者は、参加しないこと
 ● 長時間(2時間以上)の会食は控えること
 ● 会話の際はマスクを着用し大声を出さないこと
 ● 大人数(5名以上)の会食は控えること

ただし、別添1「感染リスクを避ける飲食店の利用について」による感染対策を参加者全員が遵守することなどを条件に、届出制で認められる場合もあります。届出書は、所属学部、大学院の学生担当係へ提出してください。なお、会食等への参加を、強制したり、強く勧誘してはいけません。



九工大の課外活動団体(部、サークルなど)一覧

本学には様々な部、サークルがあります。新入生のみなさんは、是非、以下の一覧をご覧ください。なお、活動再開前でも、オンラインでコミュニケーションをとっていただくことは差し支えありません。活動再開後の加入など検討いただき、活動再開後には課外活動についても積極的に参加してください。

アルバイトについて

アルバイト先のバイト仲間や従業員との飲み会・会食等で感染した事例が報告されております。アルバイト終了後は速やかに帰宅の途につく等、慎重に行動して下さい。

また、アルバイト先の選択においては、感染対策、特に3密(密接・密集・密閉)対策がしっかりと図られているかを見極めた上で、従事するようにしてください。飲食店の場合、「感染防止認証マーク」が掲示されている店は、感染防止対策が徹底されている店舗であると福岡県から確認がなされていますので、アルバイト先を選択する際の参考になります。

アルバイトに従事する際は、勤務先の感染対策マニュアルを遵守するようにしてください。勤務先に感染対策マニュアルが整備されていなければ、各個人でより一層に感染対策(マスク着用、手指消毒等)を徹底してアルバイトに従事してください。


このページのトップへ